読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車買取査定の基本を知ろう

車買取査定の基本について知りたくないですか?

愛車見積の際の洗車

車の買取査定についての質問です。 車を買い替えることになり、H20年式、走行25,00... より引用

車の買取査定についての質問です。 車を買い替えることになり、H20年式、走行25,000kmの黒色のマーチ(事故歴なしで車検は来年の夏まであります)を手放す予定です。 そこで一括車無料買取 査定のサイトを通して何社か査定してもらおうと思うのですが、ここで調べていると同日同時にすべての会社を呼んで金額を一発提示してもらったほうが良いという意見と、やはり時間はずらして査定してもらったのち交渉したほうが良いという意見とありました。 実は今年2月にも一括査定を通して後者の方法で何社か査定したのですが、サイトから申し込んだ直後から電話やメールの嵐で、また査定時は腹の探り合いで2時間くらいぐだぐだ話し、結局はっきりと金額を提示せず・・・というのが何社か続いてとても疲れました。 前回の時はすぐに買い替えるというわけでなかったので査定に疲れたのもあり、売るのはやめました。 しかし、今回は次の車の納車も決まっていますので売りたいのですが、どちらの方法のほうが良いのでしょうか? 当方女で、小さい子供もいるため極力平日の昼間に人を呼んで…というのは乗り気ではありません。。。 また、交渉も苦手です。。 あと、先述のようなマーチなのですが、どれくらいの相場で売れるのでしょうか? カーセンサーとかで実際に売られている車を見ると似たような条件だと40~50万くらいで売られていますが…。 2月の時は(売却時期が未定だったのもあって)「今日売るなら40万で買いますよ(笑)!」と冗談半分に言われたこともありましたがそれはさすがに高いと思うので冗談なんですよね?…(・・; 先日近所のアップルに出張査定依頼したときは1社目だったのもあり、3時間くらい居座って契約を迫られ、「数か月前は30万くらいといわれたので25~30万円くらいだとうれしいけど最低20万はないと売りません。」と伝えたら「会社に確認したけど、25万は無理と言われました。20万円も正直難しいけど今日ここで契約してくれるなら会社に無理を言ってお願いします」と言われました。 『即決で契約する=最低20万円で売却』ということかなと思っていたら「会社にお願いはするけどもし20万ではダメと言われたら双方の着地点をさがします」というようなことを言われたのと、他の会社にも見せて比較したかったので即決はしませんでした。 でも、結局値段ははっきり言わなくて、「10万~」みたいな感じで提示され、「他社さんが25~30万と提示してきたときには太刀打ちできないので迷わず他社さんに売ってください!」とか「他社さんがすべて出そろったらまた連絡してください。まだ土俵にも立っていないので、僕も立たせてくださいよ』とか言われました。 これって、相場として25~30万はありえないけど20~25万はあり得る、もしくは20万以下のところで買い取れればなぁと思っているということでしょうか!?…(続きを読む)

引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cDovL2RldGFpbC5jaGllYnVrdXJvLnlhaG9vLmNvLmpwL3FhL3F1ZXN0aW9uX2RldGFpbC9xMTExNTkxODQzOTE-


愛車見積の際、洗車を終わらせていた方が良いのかどうか、というのはこちら実は、洗っておくべきという人と、そうじゃない方がいい、といった方がおります。
普通に考えると、洗車を済ませ美しくしておくのが当然とも思えますが、そうなると、汚れに隠れていた微小な外傷まで目立ってしまうわけです。
考え方はわかりますが、ただ査定士も訓練を受けてきたエキスパートです。
洗ったかどうかに関わらず外傷の見落としはある筈がないでしょう。
とすれば、きたないクルマを見てもらうよりは、印象アップのために、ざっときれいにするくらいはした方がよいです。
自家用中古車買取は中古車市場の人気に影響を受けやすいので、買手が相当いる車であるほど高価な見積りを期待できます。
おまけに、プラス部分を新たな形で加点していく査定の方法を採用することも多いので、期待以上の金額で買い取ってもらえるケースが多いようです。
これらのことから、下取りよりもクルマ査定で買い取って貰った方が良いと言えます。
見積時、現実にはクルマの何をチェックするのかというと車の種類や製造業者のみならず、パッと見では難しい、年式ですとかグレード、色調などは車検証を見て正確にチェックすることが当たり前に行なわれます。
つづいて、たとえばウインカーやエアコンの効き具合といった、車自体の動作のチェックまで行なわれ、エンジン関係をまんべんなく点検することも行うこととなってますし、そうした作業も入れると、鑑定自体の予定時間としては通常15分~30分ぐらいはかかるとおぼえておきましょう。
自動車審査の際、高額審査のポイントの一つとなるのが、そのクルマが売れ筋かどうかです。
その理由は、一般によく売れる車の種類は、たとえ高い金額で買い取ったとしても売れずにストックとして抱え込むの確率が低く、値を落とさずとも売却出来る可能性が高いため高価な見積価格になることが推定されます。
よくワゴンRアルファード、フィット、ハリアーなどが挙げられるでしょう。
これらは売れ筋の車種です。