読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車買取査定の基本を知ろう

車買取査定の基本について知りたくないですか?

車買取の査定をするときにたとえば

車の買取査定についての質問です。 車を買い替えることになり、H20年式、走行25,00... より引用

車の買取査定についての質問です。 車を買い替えることになり、H20年式、走行25,000kmの黒色のマーチ(事故歴なしで車検は来年の夏まであります)を手放す予定です。 そこで一括車無料買取 査定のサイトを通して何社か査定してもらおうと思うのですが、ここで調べていると同日同時にすべての会社を呼んで金額を一発提示してもらったほうが良いという意見と、やはり時間はずらして査定してもらったのち交渉したほうが良いという意見とありました。 実は今年2月にも一括査定を通して後者の方法で何社か査定したのですが、サイトから申し込んだ直後から電話やメールの嵐で、また査定時は腹の探り合いで2時間くらいぐだぐだ話し、結局はっきりと金額を提示せず・・・というのが何社か続いてとても疲れました。 前回の時はすぐに買い替えるというわけでなかったので査定に疲れたのもあり、売るのはやめました。 しかし、今回は次の車の納車も決まっていますので売りたいのですが、どちらの方法のほうが良いのでしょうか? 当方女で、小さい子供もいるため極力平日の昼間に人を呼んで…というのは乗り気ではありません。。。 また、交渉も苦手です。。 あと、先述のようなマーチなのですが、どれくらいの相場で売れるのでしょうか? カーセンサーとかで実際に売られている車を見ると似たような条件だと40~50万くらいで売られていますが…。 2月の時は(売却時期が未定だったのもあって)「今日売るなら40万で買いますよ(笑)!」と冗談半分に言われたこともありましたがそれはさすがに高いと思うので冗談なんですよね?…(・・; 先日近所のアップルに出張査定依頼したときは1社目だったのもあり、3時間くらい居座って契約を迫られ、「数か月前は30万くらいといわれたので25~30万円くらいだとうれしいけど最低20万はないと売りません。」と伝えたら「会社に確認したけど、25万は無理と言われました。20万円も正直難しいけど今日ここで契約してくれるなら会社に無理を言ってお願いします」と言われました。 『即決で契約する=最低20万円で売却』ということかなと思っていたら「会社にお願いはするけどもし20万ではダメと言われたら双方の着地点をさがします」というようなことを言われたのと、他の会社にも見せて比較したかったので即決はしませんでした。 でも、結局値段ははっきり言わなくて、「10万~」みたいな感じで提示され、「他社さんが25~30万と提示してきたときには太刀打ちできないので迷わず他社さんに売ってください!」とか「他社さんがすべて出そろったらまた連絡してください。まだ土俵にも立っていないので、僕も立たせてくださいよ』とか言われました。 これって、相場として25~30万はありえないけど20~25万はあり得る、もしくは20万以下のところで買い取れればなぁと思っているということでしょうか!?…(続きを読む)

引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTExMTU5MTg0Mzkx


車買取の査定をするときに、たとえば、カーナビなどの付属品があると査定額が高くなる傾向があるでしょう。
ただ、最近発売されている車にはすでにカーナビは付いているのが当然ですから、新しい型のカーナビシステムが付いていないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。
それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、もしも、カーナビがない場合にはマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。
今自分が乗っている車を売ってしまおうというときに最善の方法のひとつに、無料一括査定ホームページを使って査定する事が挙げられるでしょう。
同時に数多くの買取専業店の見積もり額をくらべてみることが出来てしまうので、散在しているおみせの一つ一つに行かなくても一番高い額で引き受けしてもらえる企業をピックアップする事ができてしまうのです。
持ちろん、それにも増して自分の車種の資産価値が概算で今の段階でどのくらいの金額があるのかの目安をしることができます。
車の売却を済ませた後から、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を訳として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除などを言い渡されることがあるかもしれません。
事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば自分の方が非難されるべきですが、査定時に何か見落としがあっ立というならば自分に非はないのです。
買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通沿うとする際には、国民生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっているとと話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。
手持ちの車を引き取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、担当する買取専業店にもよるのですが、数万円程度プラス査定になることが多いです。
車検の残りが1年以下のケースでは車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。
残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、売却する前に車検を通し立としても通した車検費用より多くの金額が見積金額に足されて得することは無いのですから、事前に手間をかけて車検をとおすのは無意味です。